平屋で7人。i-smartで。

性能最優先、遊び心二の次、お洒落さ三の次

契約時1歳の娘が、ばあばと呼ばれるまで暮らせる家を目指して。
アラフォーパパの家造り体験記。

設備検討:屋内物干し研究(移動可能型)

i-smartにするからには、絶対、屋内干しにしたい。

そのために、屋内物干しについて研究しました。

 

移動可能型と、据付型と、がありますが、

僕は、変更可能な住まいを目指していますので、

据付型は後回しです。

まずは、移動可能型から。

 

================

移動可能型。簡単にしまえるので場所が固定されません。

================

 ・洗濯スタンド

 新築を建てるのにわざわざこれを選ぶ選択肢は、皆無でしょうがどこにでも置ける可搬性が、変更可能な住まいを目指す僕には有りな選択肢です。 

 ホームセンターでおなじみのキャスター付き、アコーディオンのように折りたためる床おき洗濯干しです。どの部屋でも置けて畳めて、シーツなどの大物を南側窓に干す際使いたいです。

 量が足りなくなったときの臨時用にありだと思いました。

 画像をスライドして、畳んだ時の絵を見て下さい。スゴ!

 

 

・伸縮ポール型

 床面から天井面までポールを延ばし、突っ張り力で支える2本立てて竿を通せば衣類や、軽量のシーツ類が可能

 妻は、突っ張りの1点の力が長時間集中すると、天井や床が痛む事を心配していました。点にしないで、面になるように板を挟むなどして、力が分散するように工夫すればいいかなと。

 1本使いで、帽子やカバンなどの小物を引っ掛けるパターンもあるんですね。調べてて、初めて知りました。

 こういう家具有りますけど、子供が引っ張って倒すことがありこれなら倒れる事はまずなさそうで、ありですね。

 

 ・伸縮ポール型(窓枠利用)

 i-smartに、お奨めしたい形。

 壁圧が140mm+50mmもあるので、窓が出窓のように見える。その部分に、高90cm位の伸縮ポールを2本立てて竿を通せば、

 移動可能な、物干しの完成。子供部屋に必要があれば将来つけようと思っています。  

  

・2 x 4 材利用、DIYタイプ ラブリコ利用

 天井までの2 x 4 材を先端にラブリコを設置して、2対立て、L字金具などで中間位置に棚を作り、ポールを取り付ける。機能性重視なので、ラブリコ推し。ディアウォール派はそちらで。

 僕はDIYが大好きなので、本当はこの方法をとりたかった。けど、新築にDIY???と、妻に反対され、断念。

 洗濯物干しどころか、クローゼット・パントリー・テレビボードなんでも工作できます。天井面・床面に密着する部分に平らに板を挟んで広い面積で密着させれば、補強なしでもいけるはず。

 (自己責任でお願いします。) 

 新築で、是非是非ラブリコで色々作りたかったのに・・・。妻がぁぁぁぁ。38万円のテレビボードの採用に繋がりましたが、ラブリコなら、2万円以内で壁一面収納兼、テレビボード作れたでしょうねーー。

amzn.to

 僕は、ラブリコを作っている、ここの会社が好きなようです。

 気が付いたら、ほしい物リストが一通りここになってました。

 洗濯物干しや洗濯機上ラックもあって、ベースはここで

選ぼうと思います。

amzn.to

  

 僕は、室内洗濯物干しの紹介で、一条カタログの

 ホスクリーン、ホシ姫サマ、pid4Mを最初に紹介しません。

 水を含んだ洗濯物は重量物です。

 重い物を天井や壁にくっつけた金物で、わざわざ吊るす。

 見た目はお洒落ですけど、重いんだから、

 床に置いたほうがシンプルです。シンプルの方が強いはずです。

 先に機能性を優先した選択肢を考えるのがマイルールなので。

 そんなこといっても、採用した設計図には

 据置型物干しだらけなのですが。つづく。

 

#家作りの際、鎌田 紀彦氏の著書が、

 性能を考える上でとても参考になりました。

 

 

 

#住宅間取り設計の際、頻繁に使いました。これから建てる3000万円を超える一条住宅。

 わずか1万円以下で、自分で3Dでシミュレーションできます。

 低レベルの失敗をしない為にも、3Dをぐるぐる回して、目が回るほど見直しましょう。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村