平屋で7人。i-smartで。

性能最優先、遊び心二の次、お洒落さ三の次

契約時1歳の娘が、ばあばと呼ばれるまで、80年暮らせる家を目指して。
アラフォーパパの家造り体験記。

着工118日目【サイディング張り。上棟後21日目】

台風目前。外壁張りは、一階部分はほぼ貼り終わっていました。

台風の為、足場の周りの幕を全部閉じていました。

 

家の中の、特にLDKから外がどう見えるのか?

設計初期の段階でとても気にしていましたが・・・。

設計中は「大丈夫ですよ」と、まわりは何も気にしてくれない様子だったので、自力で対策を考えました。

・レースハニカムシェードを追加。

・家の南側に目隠しフェンスを建てる構想。

「外構なんて、後でいいよ」と言われ、具体化せずにとりあえず案だけ。

オーニングシェードで目隠しになるかと思い、南側の窓にタープリングを設置。

・ウッドデッキ自体にフェンスを付ける案。

これも、ウッドデッキの値段の高さに途中から話が変わり、目隠しの案に届かないまま。

・最後の手段は、窓にかすみのシートを付ける案

これは、透明窓にして、どうしても気になるなら、部分的にかすみのシートを付けようという作戦。

これだけ、一人で孤独に南側の視線対策を考えましたが・・・。

案の定、予感が的中。

 

お隣さんが、真正面に「ドーン!」

立っても座っても、真正面に「ドーン!」

はー。やだな。

あれだけお隣の視線が気になる事を言ったのに・・・。案の定。


只今の状況:

着工118日目【サイディング張り。上棟後21日目】

[終日]

・外壁工事。(2名。)

・大工工事。(1名。)

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200922191303j:plain

真正面に「ドーン」は、公開できないので、銀世界でも・・・。

 

後悔。

ただただ後悔。

 

「外構なんて後でいいよ」と言われても、後回しにしないでください。詳細までは考えられなくても、大枠としての外構計画は、やはり設計時に省いてはいけません。内も外も、ひっくるめて、家作りですから。

設計時の資料集めと、プレゼン資料作りの忙しさに追われて、疑問点を追求しなかったのが悪かった。

 

土地に十分過ぎるほど余裕がある田舎の新築なのに、お隣さんのお家を見ながら過ごすんでしょう。

大失敗。

 

週1ペースで、施主責任による、設計ミス、設計確認ミスといった失敗箇所が発覚します。

 

www.youtube.com

この方、モデルハウスで、色々実験されています。

 「高気密高断熱住宅には、二階の吹き抜け部分に、6畳用のエアコンを付けましょう」

フエッピーさんと、まったく同じことを言っている動画と遭遇しました。

「基本的に、27度設定で、風速は強にしてください。寝るときはうるさいので弱めてもいいです。」

なるほど。

さらぽかで、家が効率的に冷え切らなかったら、6畳用のエアコンを買う予定なので、参考になります。

さらぽか単独運転よりも、6畳用エアコン併用の方が、効率が良くなり電気代も減るという報告があります。どこで見たっけ?

我が家は、床冷暖房用のRayエアコン以外のエアコンは一つも付けてないので、家作りが落ち着いたら、最熱除湿機能付きの6畳用のエアコンを買おうかなと思います。

さらぽかなしで、エアコン1台だけだと、サーキュレータを併用した家じゅうに風を流す仕組みが無いとうまく回らないそうなので、難しすぎて、さらぽかに妥協しましたが。

いつかはあえてさらポカを切って、6畳用のエアコン1台で回してみたいです。

 

 

引き続いて、この方の動画を見ていたら・・。

 

今、まさに某、何とか工務店で、建てていますが・・・。

「2012年頃から、高気密高断熱住宅はじめました。ってとこは気を付けた方がいいですよ。日射取得とか、日射遮蔽が全く考えられてないですから。」

www.youtube.com

はい。まんまと、はまりました。

営業も設計も、日射遮蔽を全然気にしてないようでしたので、設計時、一生懸命日射遮蔽をどうやれば取り入れらるか自力で考えました。

特に「軒先を最大に延長する有料オプション」は、一条で建てるなら絶対入れた方がいいオプションでした。

「軒の出は、これしか増えないのに、これだけお金が掛かります」

みたいな説明だったので、「これだけ?」みたいになって、採用除外になってしまいました。

日射遮蔽の重要性について、認識が薄いんだと思います。

 

一条で建てる事を検討されている方。

この方の言っていることを研究されることをお勧めします。

着工117日目【サイディング張り。上棟後20日目】

朝、何回か車が出入りした後、最終的に工員1人が残り、終日外壁張り工事をしていました。

 

あと・・・。引き渡し日が決まりました。11月下旬です。

当初は、7月下旬だったんですよ~。

家具やには、引き渡し日を何度も延長してしまって、2回目の延長連絡の時に、

「上棟まで終わったのに、引き渡し日が不明なんですか?どこの会社ですか?」って、強烈な返しを受けてしまいました。

他の家具やら家電やさんにも、引き渡し日未定なんですけど・・・、と言って、引き渡し日未定で取り置きしてもらっている迷惑な状況なので、ちゃんと誤って決まった引き渡し日と配達予定日を伝えないと・・・。

あくまで予定なので、もしまた伸びたら、4回目の連絡になるかな。


只今の状況:

着工117日目【サイディング張り。上棟後20日目】

[終日]

・外壁工事。(1名。)

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200921175848j:plain

木材がむき出しのまま、雨に濡れ・・・外部だからいいのか?

木になっていたこの部分に壁材とタイルが貼られました。

まだ何日か掛かりそうです。

 

が、台風が発生しましたね。木曜日到来。

間に合うかな。耐えられるかな。

 

f:id:nya1024:20200922074447j:plain

勝手口の1F面は、完成していました。木材むき出し、ばいばい。

 

Amazonから、これが届きました。我が家は全部の照明が施主支給です。

玄関ホール灯として使う予定です。1800ルーメンあるので、出力を50%にして使おうと思います。LEDは比例して消費電力も下がるので18Wの半分+αくらいの電力になるはず。100ルーメン辺り1Wだと、少々効率悪いです。

昼光色で使う予定ですが、気が変わったら電球色に変えて使うつもり。

居室用のシーリングライトvs玄関ホールの照明 だと、

居室用の照明の方が、リモコンもついて調光・調色が出来て、凄い高機能に見えます。価格も3000円しなくて安いし。おまけにこの照明Ra85あるそうです。玄関ホールには、かなりオーバースペックの照明を入れます。照明全部ひっかけシーリングの施主支給にしてよかった~って思います。どの照明も一条の設計士が選んだものより、スペックは高いし、価格も安いです。気が変わったら、自分で変えられるし。自分で交換できないダウンライト、否定派です。

その変わり、この商品、中国製。だって、日本製の木目調って高いんだもん。和室照明とかなら日本製にするけど、玄関ホールだし。なんちゃって木目調でOK。

現物を目の当たりにすると、安っぽいです。自己責任です。

1800ルーメンしかないのに、4-6帖用とか言っちゃってます。間違っても、居室用には採用しません。居室用は日本製ですよ。

 

玄関照明、当初はアイリスオーヤマの導光板の予定でした。

でもね。同じ3000円払うなら、リモコン付きで自由自在に操れる居室用の小さなシーリング照明の方が、機能的に上って、結論に到達しました。
LED時代は、居室用の小さなシーリング照明の方が機能がいっぱいついていて、お得だと思います。

着工115日目【サイディング下地張り。上棟後18日目】

大工さんは、壁の外側のサイディングの下地張りをしているそうですが、素人目には何をしているか分かりませんでした。それよりも・・・、設計確認ミスが発覚。


只今の状況:

着工115日目【サイディング下地張り。上棟後18日目】

[終日]

・大工工事。(大工、1名。)

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200920135518j:plain

大失敗の写真。床暖の隙間!なんだこれ!?レベル。

床暖のパネル張り、パネルのホース張り作業は終わりましたが、あれ?畳部屋って、パネル貼ってないのかな!?と思わせるように床の合板が見えています。

図面を見ると、確かに隙間が空いています。

ピアノとピアノ椅子の点線と、床暖房パネルの点線のチェックが甘かった・・・。

実物を見ると右側で、30cm以上、床暖空白地帯があります。

左側は、15cmくらい。

 

畳って、基本畳や床にべったりくっついて座ったり寝たりする部屋です。その畳部屋に、45cmも床暖空白地帯が出来てしまいました。

これは、痛恨の設計確認ミスです。

一番床暖の効果を直接的に感じる場所に、こんなにも広い範囲に床暖が貼られていない!

施主の設計確認ミスです。

 

 

ただただ、残念。

 

営業に電話しましたが、工事は今日は定休日なので、とりあえずの回答ですが。このミスを解決するには・・・床暖パネルを特注するらしいです。しかも幅15cmとかいう半端なサイズもあるかどうか。この追加工事は、ざっくり3週間くらい遅延するそうです。費用はやってみないと分からないですね、たぶん。

ここからは想像ですが、パネルが特注になれば、ホースも長さが変わりますね。2-Bの既存のホースが破棄で、付けたところは剥がして付け直し。新品のホースも2-B全体を新設して取り付け・・・。パネルなんてさもない原価でしょうが、一連の費用を想像すると、まずそうですね。

費用対効果で、改修案は、没です。

「45cm分、床暖房、失敗したな~」って、畳部屋を見るたびに思いながら、死ぬまで暮らします。

着工114日目【銀世界完成。上棟後17日目】

いつもの配管業者のバンが来て、床暖房パネルのホース部分の工事が終わったようです。


只今の状況:

着工114日目【銀世界完成。上棟後17日目】

[午前中]

 ・配管業者、数名(床暖房パネルのホース施工)

[終日]

・大工工事。(大工、1名。)

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200919205415j:plain

床暖房パネルのホース作業が終わりました。奥にライブナチュラルみえます。

床暖房パネルのホースが貼られたことで、次の作業は床張りかな。

奥に、ライブナチュラルの床材が見えます。

f:id:nya1024:20200919205838p:plain

とっても高かったです。

フエッピーさん情報では、ライブナチュラルには、この一つ下のグレードがあって、一つ下のグレードにすると価格が抑えられた。とのことで、喜んで営業さんに見積もりを取ってもらったら・・・・。

部材の値段は確かに安くなるものの、施工費が割高になって、これと同じくらいの値段になりますよ・・。との事。地域によって、担当によって、時期によっても違うのかもしれないのですが。

僕の地域では、グレードを落として同じ値段は、無理なので。高級床か、標準床か迷いました。

設計さんが、「僕が建てるなら、ライブナチュラルはぜひとも入れたいですね。」みたいなことを言ってて、それだけが理由じゃないけれど、一度貼ってしまったら変更しないと思うので、思い切っていい方に倒してみました。

着工113日目【花粉ジェット・銀世界下だけ。上棟後16日目】

花粉ジェットが設置されました。

銀世界の下だけ付けられているようです。


只今の状況:

着工113日目【花粉ジェット・銀世界下だけ。上棟後16日目】

[終日]

・大工工事。(大工、1名。)

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200918143104j:plain

花粉ジェット搭載。

玄関の真上に、このようなモーター装置が2個設置されました。花粉ジェットの工事写真は、出回ってないんじゃないかな。花粉ジェットの空気は、勿体ないかな、家の中の貴重な空気を30秒くらい使われてしまうようです。花粉ジェットの効果はそんなに期待してなく、アトラクションだと思っていますので、完成が楽しみです。

f:id:nya1024:20200918143130j:plain

銀世界の下だけ。

天井張りの前に、先に銀世界の工事が始まっていまして、昨日までは無かったのに、今日見たら一面銀世界になっていました。まだホースは付いていないようです。

大工さん、朝7時30分過ぎに家に入り、帰るのは、夜20時前です。毎日12時間労働。働きすぎで、心配になります。

 

 

 

Webで、火災保険を調べていたら・・・。

トリプル樹脂サッシが出てきました。

ウェルネストホームというところです。

youtu.be

このトリプル樹脂サッシを見ていると・・・、

一条で建てたことを後悔してしまいます。

樹脂部分に、断熱材が入っています。

なにを!!!

この動画が終わり、引き続きこの会社の構造見学会の動画に引き続いてみていたら・・。

C値0.2と言っています。部屋の壁、漆喰塗ってあります。

外壁やばいっす。20工程くらい職人の手間が掛かっているとの説明。

玄関の框の下にも断熱材あります。

外壁?の釘打ちしたところ、釘の上からテープ貼ってます。

職人さん用に、エアコンが用意されています。高高住宅だから、施工中だって、快適そうに見えます。

窓、手前に開きます。換気用に窓の上部を奥に少しだけ倒せます。

この会社、日本一の高高住宅を建てると言いながら通風を気にしています。窓を閉める事が推奨される一条と違います。

日本一の性能と言っていて、性能を追求し続けているようです。

 

もっと早くに知ってればよかった。

漆喰の壁、羨ましい。湿度管理を電気的に処理するより理想的です。

でも、大丈夫!

僕の住まいは、この会社の施工範囲にありませんでした!

早く知ったところで、建てられませんでした。

 

でも、一条を選んだのは、自分で高性能の中小規模の工務店を探す手間が果てしなく気の遠くなる作業だったから。基本的にWebサイトには書いて無く、一つ一つ工務店に電話して、見学会を見て回らないと分からなかった。

一条という拘りは特になく、自分で探せるなら、よりベストなところを探したかった。

漆喰の壁~。素敵~。

作業中の家の中を見学。性能を優先して良かったのか?

作業中の家の中に入らせてもらいました。

大工さんの休憩時間を狙って、大工さんが車で電話をしているときに声をかけて家の中を見学に行きました。電話が終わった大工さんは休憩をやめて、家の中に入ってきて、ずっと横に立っていました。

推測ですが、作業中の家は、立ち会わないといけないルールがあるみたい。仕事中に行っても邪魔になるし。休憩中に行っても、休憩が中断されるし。いずれにせよ、邪魔になりそうで、気軽に行けません。

写真は子供部屋です。

f:id:nya1024:20200917135418j:plain

+1238の窓。性能重視で良かったのか?

フエッピーさんの家づくりを参考に、窓のサイズを最小にしました。「JK2030」が最小サイズで、部屋の広さに応じて、採光量と、換気量から窓の最低面積が出る。みたいな説明を設計士から聞きました。この部屋は「JK2030」が2枚が、最低窓量です。防火仕様だと、「FK2030」になるみたいです。「トリプルの防火窓って、すごいんですよ」と、営業さんが得意げに言ってました。

通常なら、南側に掃き出しの大窓を付けるべきを、小さな窓一個。

東側も同サイズの小さな窓一個です。

窓の高さも拘って、基本の高さは「+1238」です。やや高めで、座っている状態だと、外から見られない高さで、ハニカムシェードを開けっ放しでもプライバシーが保てると思いこの高さにしました。

窓の高さは、OKでしたが、あっ!

たぶん子供は、窓の取っ手の高さまで手が届きません。

踏み台を用意しないと、自由に窓が開けられない高さになっているようです。

「自分の部屋の窓が自由に開けられない。」

さらぽか仕様で、全部網戸無しの家で、いつ窓を開けるのか?という疑問もあって、窓を開けたところで窓の向こうは高基礎なので、凄い高くて。

良いのか?悪いのか?

「自分の部屋の窓を、踏み台を使わないと開けられない」は、ちょっと強めのバリアーな気がします。たぶん、悪かったんだと思います。それは、窓を開ける必要が有るか無いか?という議論とは別にあるんだと思いました。

 

あと、思ったのは、 

「なんか、暗くね!?」

まだ造り途中なので、なんとも言えないのですが。真っ暗。この写真は15時過ぎのものですが、日中は電気を付けなくてもいけるくらいの明るさを想像していたので、あれ?やっちゃったか?と思いました。窓の面積、この2倍くらい無いと、日中の光が足りないかも。

「もし窓の面積が、この2倍になったところで、性能が落ちたことを実感できるか?」

「うーん。かなりの性能マニアじゃないと、無理かもね。」

自問自答してしまいました。

多少、性能が犠牲になっても何にも問題ない事に今さら気づきました。

もっとも、完成してみたら、また別の感想になるかもしれませんが。

 

以上、

「性能を最優先して、窓の面積を最小にした結果、

 日中の採光が足りなくなるかも?」

という話でした。 

 

 

急いで撮ったので上まで取れませんでしたが。

f:id:nya1024:20200917193634j:plain

FK2030の2連横並び。

 

 

デシカントから伸びる、ダクトです。一番面白かった写真。

f:id:nya1024:20200917195737j:plain

一番面白かった写真

気持ち悪いくらい、ぐにょぐにょ出ています。

このダクトは、一条ご自慢の、全館空調・・・・???

ん!?

冷暖房の空気を送っているのではないので、これは、全館空調とは呼ばないでは!?

さらぽかは、床暖房+床冷房とサーキュレータの合わせ技で、家じゅうの温度調節しているし、さらぽか無しの人は、床暖房と、その他の空調は各部屋のエアコンがやっているはずなので。これは、単なる湿度管理機能付きの強制換気用のダクトですね。

 

 

家を建てる前に住宅会社巡りをしていた頃、ローカルな地元工務店が、全館空調システムを披露していました。空調室といって2帖ほどの部屋に、普通のエアコンが5台かなもっとかな、それくらい設置されていました。吹き出し口を、上の画像のようなパイプを通して各部屋に伸ばして、全館空調と言ってました。担当の人にいくらくらいか聞いたら、150万くらいすると、こっそりおしえてもらいました。

けど・・・。

今思えば、空調室の沢山の普通のエアコンは、どうやって各部屋の温度を察知していたんだろう!?

 

さらぽかでよかった。って、つくづく思いますね。 

 

一条の全館空調システムは、デシカント(湿度調整付き)+床暖房+床冷房+サーキュレータの合わせ技なので、写真のダクトをもって、全館空調とは言えない事に気が付きました。

着工111日目【屋根が全部乗った。上棟後14日目】

コロニアルグラッサが全部乗りました。玄関上の小屋根と、大きな屋根の施工が難しそうな頂点部分にも。


只今の状況:

着工111日目【屋根が全部乗った。上棟後14日目】

 

本日の作業内容:

 [終日]

・大工工事。

・屋根工事。

  

作業員(おそらく):

・大工、1名。

・屋根工事作業員、数名。

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200916061827j:plain

これで、太陽光パネルと、コロニアルグラッサが乗ったので、屋根の上は雨が降っても平気です!

だけど、画像の通り、屋根の横とか、下とか。まだ木がむき出し。

むき出しの部分に雨が降ってほしくないよ。

全国共通の施行手順だろうけど、家の外の工事を先にしてほしい。

 

f:id:nya1024:20200916062536j:plain

防音材としてのグラスウール

家の中は、グラスウールが貼られていました。

一般的には断熱材ですが、一条に限っては防音材として、よく使われています。カタログに載ってなく、いろいろな施主のブログを見てないと、注文できないオプションですね。

防音効果は、まあ、気休めです。

ドアは隙間が空いているし、天井には貼っていないし。一部でも音が伝わる場所があると、防音にはならないので。気持ち、音がやわらげばいいかな程度に。

f:id:nya1024:20200916063452p:plain

グラスウールのお値段

「居室は、LDK・洗面脱衣所・トイレに面する場合は、防音材を施工する」というルールを設けたので、全部の居室にグラスウールが入っています。たぶん4.5万円分も施工する人、そんなにいないでしょう。

もし、二階建てにしたら、このルールに従い、上下で隣り合えば、1Fなら天井、2Fなら床下のどちらかに施工してもらおうかと思っていました。

外も内も、無駄に断熱材だらけの家になりました。

おまけに準防火仕様の玄関ドアや窓を装備しています。

着工109日目【気密測定。上棟後12日目】

あさイチで、気密測定が行われました。その後、終日大工工事。


只今の状況:

着工109日目【気密測定。上棟後12日目】

 

本日の作業内容:

 [午前中]

・機密測定 

 

 [終日]

・大工工事。

 

作業員(おそらく):

・大工、1名

・一条工事監督

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200912183514j:plain

気密測定は、僕らが仕事に出かける前に立ちあえるとのことで、

監督は、朝7時前から、早々したくしていました。

 

出社直前、2回目の測定に立ち会いました。

測定時間は、1回あたり、わずか5分。

C値は、0.7。

基準値ギリギリですね。

「思ったより出てないな。」

3回、基準値内が出たということで、問題なしです。

 

f:id:nya1024:20200912183531j:plain

昨日の作業のコロニアルグラッサ、やっと見られました。

一枚一枚のせて、何かで止めていました。端っこは、屋根の上で切断してた。頂点部分と、玄関の小さい屋根が残っています。

今日は、前日に雨が降ったためか、屋根作業はありませんでした。

 

着工108日目【コロニアルグラッサが乗りました。上棟後11日目】

ソーラーパネル設置が、完工。

コロニアルグラッサが、2/3くらい乗りました。


只今の状況:

着工108日目【コロニアルグラッサが乗りました。上棟後11日目】

 

本日の作業内容:

 [終日]

・大工工事。

ソーラーパネル設置。 

 

作業員(おそらく):

・大工、3名

ソーラーパネル設置、数名

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200911181124j:plain

着工108日目の内部。

左下のパネルは、床暖房のパネルみたいです。

隣の部屋には石膏ボードが積まれていました。

 

 

このような内部状態で、機密測定が行われるようです。

そういえば、営業が、何度も言ってました。

「一条は、石膏ボードを貼らない、このような壁のない状態で機密測定をやります。」

外壁や屋根といった外側の断熱材だけの測定なので、結構条件としてはハードだと思います。

着工107日目【ソーラーパネルが乗りました。上棟後10日目】

防水シート一枚の大屋根に、ソーラーパネルが乗りました。

機密測定の日程が決まりました。


只今の状況:

着工107日目【ソーラーパネルが乗りました。上棟後10日目】

 

本日の作業内容:

 [午前中]

・大工工事。

ソーラーパネル設置。 

午後になって、雨が降ったため、撤退した模様です。屋根上作業で雨は危険ですね。

 

作業員(おそらく):

・大工、1名

ソーラーパネル設置、数名

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200910165824j:plain

着工107日目。上棟10日目。ソーラーパネルが乗りました。

f:id:nya1024:20200910165901j:plain

着工107日目。上棟10日目。まだ全部ではないみたいです。

我が家は、蓄電池キャンペーンの始まるおよそ半年前に仮契約を結びました。太陽光は、10kWhで180万円しました。

www.petit-isma7.com

プチトマトさんの記事を読むと、今の契約者は、10kWh+蓄電池7kWhで、200万円とのこと。

半年間で、30万円ほどの大きな価格下落があったと仮定しても、太陽光10kWhで150万円+蓄電池7kWhで110万円。

260万円が、200万円で設置できるのなら、60万円くらいはキャンペーン優遇されているのでは?

 

半年前に契約した我が家。

・10kWhの太陽光、180万円

・蓄電池設置費、110万円

合わせて、290万円。う~ん。半年で90万円も損しちゃった。

 

消費税10%になったばかりで、

・ハイドロテクトキャンペーン、減額。

・さらぽか特別モニターキャンペーン、減額。

何もキャンペーンのない、不遇の時期に契約した気がしてなりません。

・花粉ジェットキャンペーン、10万円で設置可能

手にしたのは、花粉ジェットキャンペーンくらいか・・・。蓄電池キャンペーンに比べたら、天と地の差。

 

企業としては、「後に契約した人の方が、より高品質の製品を、より低価格で手にできる」という事は、その企業がいっぱいいっぱい努力しているという事なので、うれしい限りです。

でもたぶん、家の坪単価は結構上がってると思いますけど~。と、負け惜しみ。

主寝室の照明を購入しました。

今日は、居室のシーリングライトをまとめて6個購入しました。

6個で71,100円。税込み、送料込みです。

内訳は、

主寝室 6帖:LEC-AHS610P

子供部屋 4.5帖:LEC-AHS610P

祖父母寝室 7.25帖:LEC-AHS810P

ダイニング(LDK) 15.75帖:LEC-AHS1210P

 

日立の家庭用シーリングライトの上位機種です。この夏、新型が出たので型落ち品です。新型は、「ecoこれっきり」という自動調光機能が無くなり、改悪されたように感じましたので、安さではなく旧型を探しました。ジャパネットタカタ、初めて使った。

 

一条のお薦めする照明を外して、正解だったと思います。

 

なぜなら、性能が悪いから。

家は性能と謳うなら、照明も性能を狙ってほしいです。

=========

長文なので、結論をまとめました。一条に限らず、照明選びの掟。

「部屋の照明器具は、その広さに推奨される

 必要光量の最大以上の明るさを選んでください。」

「LED照明は、10年で70%まで劣化します。

 6年経つと、82%です。

 例えば、6帖の広さだと、2,700lm~3,699lmなので、

 3,699lm以上の明るさの照明器具を選んでください。」

「こともあろうか、うちの設計は

 6帖の部屋に3,200lmの照明器具を選びました。

 6年経つと、82%なので、2,624lmの明るさになります。

 基準の明るさを下回ったので、6年で買い替えです。

 最大の3,699lmなら、基準の明るさを下回るのは10年目です。」

=========

以下は、6帖の主寝室の照明です。

 

左が、一条がお薦めした製品。

中央が、パナソニックの明かりプラン。

右が、採用した製品です。

 

f:id:nya1024:20200907192403p:plain

主寝室。左:一条、中:Pana、右:採用

パナソニックは、6帖の部屋に、8帖の照明を採用しています。木枠でお洒落。

「老人のいる居室は、一クラス上の広さの照明を採用をお薦めする」

だと、思いました。

今現役真っ盛りの施主も、あと何年かすれば老眼が始まる年齢です。

一クラス上の広さの照明を採用して、明るさに問題のないうちは、リモコンで減光してメモリーすればいいので、一クラス上の広さの照明という選択肢は有用です。

 

以下が、部屋の広さに応じた明るさの範囲です。

4.5畳:2,200lm~3,199lm

6畳:2,700lm~3,699lm

8畳:3,300lm~4,299lm

10畳:3,900lm~4,899lm

12畳:4,500lm~5,499lm

  

一条は、6帖の部屋に3,200lmに対し、僕の選択した日立の製品も、同じ6帖ですが、3,699lmのあかるさです。8帖の下限が3,300lmですから、先ほどの「一クラス上の照明」という選択肢は、日立の照明なら、標準でクリアできてしまうのです。明るすぎる分は、リモコンで減光すればいいです。

LED照明は、従来の蛍光灯のように突然切れる事がありません。10年で、70%の明るさに徐々に落ちていく特性を持っています。つまり単純計算で、1年で3%明るさが落ちます。じゃあ、6年使った明るさは、82%です。※あくまで単純計算です。10年という基準も偉い人が考えた使い方です。

 

一条の選んだ6帖用の3,200lmの製品の6年後の82%の明るさ。

3200lm x 0.82 = 2,624

 

「2,624lm」わずか6年で、6帖の部屋の基準を下回っています。製品寿命とされる70%にも達していません。

 

はい。

これが一条の照明がお薦めできない最大の理由です。

 

もちろん机上の単純計算ですので、利用の実態に応じて変わりますが。家は性能というのなら、机上の計算だってクリアしてくださいよ。これは、まずいです。

 

おそらく、

「何となく暗いな~。でもまだ6年(7年目)。10年経ってないし、照明は壊れずについてるし、交換するわけないじゃない」

と、何となく暗い照明を使い続けるのです。

 

この机上の計算で、日立の製品が6帖の基準の下限である2,700lmを下回るのは、寿命とされるちょうど10年目です。

 

 

怖くないですか?

 

led照明は、「何となく暗い」なんて事には慣れますので、何年か経って性能が落ちて、明るさが部屋の広さの基準を下回っても、ついてるんだから、交換しないと思います。

 

もし一条の照明を採用するなら、一クラス上の照明を選ばないと、10年経たずに明るさが基準を下回るかもしれません。照明を提案したのは一人の設計士です。彼の力量なのかな?一人の設計士しか知らないので、もしかしたら、一条云々ではなく、設計士の力量かもしれません。

 

次に注目したいのは、単純に「固有エネルギー消費率」

家庭用のシーリングライトで、アイリスオーヤマが、メタルサーキット技術で、省エネ大賞を受賞しています。が、本当にそれが、省エネの一等賞ですか?

「性能の一等賞のi-smartに住む一条施主ならば、

 照明の省エネの一等賞も調べましょう。」

と、省エネ一等賞を調べました。省エネだけが照明を決める訳もないので、選択基準の一つにすぎませんが。

 

はい。僕が調べた限り、日立の製品の上位クラスは、値段も飛びぬけて高いわけでもなく、何とか賞を取るわけもなく、国産品で、省エネの一等賞級の「固有エネルギー消費率」をたたき出しています。それなのに、市場ではそんなに華が咲いてないようです。どうして、日立の製品の人気が伸びないのか不思議でなりません。

一条お薦め:D6(P1) 3,200lm、30W、Ra83

採用の日立:LEC-AHS610P 3,699lm、23.1W、Ra85 ※ラク見え使用時31.9W、Ra90

税込み9800円。から、複数台購入10%off、複数台送料330円/1台あたりの、9,150円。

 

次の着目点は、明かりの質、「Ra」です。

led照明において、「Ra100」が自然光が当たった時に近い色とされています。Ra値が高い方が、より質のいい明かりと判断しました。

日立の製品は、通常点灯でRa85です。

読書をするとき、「ラク見え」という機能を使うと、消費電力は倍増しますが、「Ra90」まで明かりの質をブーストすることができます。

勉強嫌いなので、自分自身は使うことが無い機能だと思いますが、すべては子供の為。どの居室、LDKに子供が行っても、「Ra90」の明かりを提供できる状態にすることを、一つの基準にしました。

 

そして・・・。まだ妄想段階ですが・・・。子供が一番勉強をするであろう、キッチンカウンターには、脅威の「Ra97」の特殊プロ用、エコリカled蛍光灯を設置する予定です。

この蛍光灯を設置するために、設計時に、キッチンにはダクトレール施工をしてもらいました。ダクトレール用蛍光灯器具(KRS-1C-WH)を取り付ける事で、電気工事無しに、エコリカledを一般人が使用する妄想を立てております。

 

居室のシーリング照明については、効率の面と、明かりの質の面、価格は高過ぎない事、などから一等賞を狙いに行きました。デザインは三の次です。

日立、オーデリック、パナソニックアイリスオーヤマ、ダイコー、コイズミ、三菱、東芝

これだけ、調べました。

 

総合的に、僕の家庭用シーリングライト一等賞は、日立の上位機種です。

Amazonとかで売っている安売りの製品の2.5倍しますので、価格面ではアイリスオーヤマの方が優位なのかな。 

 

f:id:nya1024:20200907192403p:plain

主寝室6帖

f:id:nya1024:20200908055544p:plain

子供部屋4.5帖

子供部屋については、「ラク見えRa90」か「まなびのあかりRa92」か迷いました。Ra2しか変わらない上に、上位機種の本機の方が総合的に上と判断しました。後になって他のサイトで、こんな記事を見つけましたので紹介します。

desk.shunoman.com

f:id:nya1024:20200908055625p:plain

祖父母寝室7.25帖

f:id:nya1024:20200908055703p:plain

ダイニング LDK15.25帖

ダイニング部分は実質8帖。隣り合う、畳部屋・キッチン・玄関ホールにも明かりが届くので、12帖用にしました。
ダイニングだけは、ちょっとお洒落さも取り入れようか迷いましたが、Ra90以上という基準と、一番使う照明なので、効率(固有エネルギー消費率)が重要と考え、お洒落さは三の次です。それでも上位機種なので、そこそこお洒落です。

 

当初迷っていたお洒落なダイニング照明がこちら。

パナソニックのLINK STYLE LEDのスピーカー付き照明です。

透明なパネルがそれぞれ発光しますし、今までにない縦型照明で、お洒落だなと、本命でした。値段がびっくりです。天井スピーカーのオプションが一条にありますが、それから見れば安いですが・・。

非採用の理由は、「照明は照明としてあった方が、質も価格も機能も上であろう。」

天井スピーカーが欲しければ、天井スピーカー専用を買って付けた方が満足度が高いと判断しました。

 

似たような製品は、こちら。

この製品、照明+プロジェクターなんです。プロジェクターとして、テレビ機能も可能ですけど、照明+テレビではないんです。恐らく一般人の使い方としては、照明+テレビ(プロジェクターも可)にした方が売れると思います。

弱点は、照明としての寿命が通常の半分の2万時間ということ。偉い人が作った基準の使い方をすれば、5年で買い替えです。

着工104日目【大工工事。上棟後7日目】

一条の垂れ幕が、掛かりました。

毎日、室内作業、邪魔になるからノコノコ中に入るわけにもいかず、何やってるか分からない。なので、動きがあったときだけ書きます。


只今の状況:

着工104日目【大工工事。上棟後7日目】

 

本日の作業内容:

 [終日]

・大工工事。

 

作業員(おそらく):

・大工、1名

・一条社員

・足場トラックの人、大勢

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200907134016j:plain

 

着工101日目【電気工事、大工工事。上棟後3日目】

作業中、玄関に入っていくのは、とっても邪魔になりそうで、遠慮してしまう。


只今の状況:

着工101日目【電気工事、大工工事。上棟後3日目】

 

本日の作業内容:

 [終日]

・電気工事。 

・大工工事。

・大工工事大勢。おそらく、外の銀色の部材取り付け。

 

 

作業員(おそらく):

電気屋、1名

・大工、1名

・大工、大勢

・一条社員

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200905094926j:plain

大勢の大工?作業員が来て、何やら作業をしていったが、おそらく屋外の家の周りをぐるっと、この銀色の部材を取り付けていったようだ。なんだろう、これ。

 

電気屋さんの仕事がこちら。

f:id:nya1024:20200905095138j:plain

勝手口の屋外照明。

f:id:nya1024:20200905095208j:plain

玄関ポーチのダウンライト用。ライト系は黄色なのかな!?

f:id:nya1024:20200905095310j:plain

インターホン用。

f:id:nya1024:20200905095337j:plain

警1、と電気図面に書かれている、なにやら。なに?警1って。

f:id:nya1024:20200905095522j:plain

屋外コンセント。

f:id:nya1024:20200905095600j:plain

屋外コンセント。(ブロアー用)

f:id:nya1024:20200905095829j:plain

お風呂用の何かの線。内壁から出てるから、他と違う。

f:id:nya1024:20200905095928j:plain

太陽光パネルのパワコンの線かな。

配線おばけ・・。なんで、こんなにいっぱい線が出てるの!?

 

 

 

 

着工100日目【電気工事。上棟後2日目】

たぶん今日で、建設許可が出てから100日目です。時折、滝のような雨が降る中、今日は室内作業だけ。地元のあの電気屋さんが、作業していました。


只今の状況:

着工100日目【電気工事。上棟後2日目】

 

本日の作業内容:

 

[終日]

・電気工事。 

 

作業員(おそらく):

電気屋、2名

 

本日の現場写真:

f:id:nya1024:20200903183212j:plain

いろいろな線が紐解かれています。部材にあらかじめくっついている分、作業量が若干緩和されているのかな。

玄関のインターホンと、玄関灯の処理は完成していました。

f:id:nya1024:20200903183811j:plain

屋根のシートは、雨をちゃんとはじいていますね。屋根の勾配でちゃんと流れています。

このシートで、史上最強の台風を凌げるのか、不安です。

 

あとは、ハイドロテクトタイルも・・・。

f:id:nya1024:20200903184346j:plain

ハイドロテクトタイルの壁、実物を間近で見ると・・・。

壁の木材=>黒いシート=>タイルが張ってあって、タイルのつなぎ目に見える黒は、このシート1枚なんだ・・・。

屋根の上もシート1枚、壁もシートがかなり見えているし。

 

あれ?今まで何を見てきたんだろう。

思ってたよりも簡易的に見える。

この黒いシートが、過酷な屋外の環境に耐える最前線なのかと思うと、体が少しすくみました。

 

勉強不足も、甚だしいですね。

見ているようで、何も知らなかった。

着工99日目【屋根工事、玄関ドア設置。上棟後1日目】

屋根工事の仕上げの後、内装などの大工工事が始まりました。


只今の状況:

着工99日目【屋根工事、玄関ドア設置。上棟後1日目】

 

本日の作業内容:

[午前]

・屋根工事。

[終日]

・大工工事。 

 

作業員(おそらく):

・大工、3名

・三協アルミ(玄関ドア設置)

 

本日の現場写真:

 

f:id:nya1024:20200902194600j:plain

上棟後1日目。住宅裏側の屋根もシートが張られる。

玄関ドアは、暗すぎて撮れませんでした。

随分遅い時間までやって下さったようです。

 

f:id:nya1024:20200902195401p:plain

玄関ドア。防火仕様です。

特別警報が発令されるような、超級の台風が来るそうです。

防水をしたとはいえ、まだまだ木材部分がむき出しの弱い家です。

被害が出ないよう祈ります。

・・・、なんかずっと祈ってる。

 

f:id:nya1024:20200903095541j:plain

玄関ドア。上棟完了の翌日につきました。

昨日まで、土足でガンガン入っていたのに・・・。玄関ドアが付いた時点で、土足厳禁になったようです。工事の隙を見て、中に入れないかな。スリッパ持参しないと・・・。

基礎屋さんの時と同じく、またゴミがいろんなところに落ちるようになりました。壁パネルにいっぱい「施工業者様へ」みたいな紙が付いているし。作業時間外に、ゴミ掃除をしようと思います。

三密回避と、手洗いの注意書きがドアにありますね。おそらく、ただ貼ってあるだけでしょうから、「石鹸」仮水道に置いておきました。コロナ防御は、おそらくこの先何年も続くでしょうから、仮水道には「手洗い石鹸」標準で、置いておきましょう。

 

#家作りの際、鎌田 紀彦氏の著書が、

 性能を考える上でとても参考になりました。

#性能を追求する一条施主フエッピー氏の著書もお薦めします。

 

#住宅間取り設計の際、頻繁に使いました。これから建てる3000万円を超える一条住宅。

 わずか1万円以下で、自分で3Dでシミュレーションできます。

 低レベルの失敗をしない為にも、3Dをぐるぐる回して、目が回るほど見直しましょう。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村